年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

三温糖は危険で体に悪いのか?上白糖との違いや無い時の代用品も!

「三温糖って茶色い着色料を使っているから体に悪いかな?」

と主婦の方なら疑問に感じたこともあるのではないでしょうか?

私は、母から煮物を作る時には風味が良くなるから三温糖を使うようにと教えれました。

しかし、茶色い着色料も体に悪そうですし、味も上白糖とさほど変わらないと感じています。
そこで、三温糖は体によって危険な調味料なのかについて調べてみました。

この記事では、食品の着色料や添加物に気を配っている方に向けて三温糖の体への影響についてお伝えします。

また、併せて三温糖と上白糖の違いなどや代用品なども見ていきましょう!

スポンサーリンク

 

三温糖は危険で体に悪いのか?健康への害を調査!

三温糖の商品によっては人工着色料を使ったものもある

三温糖は、上白糖を作る時に残った製糖用糖蜜を再加熱しカラメル色素が結晶化された砂糖です。
中には上白糖をカラメル色素で着色しただけの三温糖もあります。

引用元:https://blog.goo.ne.jp/

再加工する過程で自然にカラメル色になった三温糖なら日常的に使用しても大丈夫です。

しかし、問題はカラメル色素で色付けされている三温糖です。

そこで、カラメル色素が私達の体にもたらす影響について見ていきましょう!

カラメル色素は発ガン性リスクを高める危険がある!

カラメル色素には、

・発ガン性リスク
・胎児の染色体異常「がん細胞の出現」

があると危惧されています。

三温糖は、日常生活の中で毎日のように使用する調味料ですね。
そのため、カラメル色素を含む三温糖を取り続けるととても危険です。

三温糖をどうしても使いたい方は、袋の裏に記載されている「原料表示部分」をしっかり見てカラメル色素が含まれていないものを購入しましょう!

スポンサーリンク

三温糖の原材料!上白糖との違いは甘さ?

三温糖の原材料ってなに?上白糖と同じ?

・三温糖の原材料 : 原料糖
・上白糖の原材料 : 原料糖
「原料糖」は、さとうきび、てん菜から糖分をとりだし、結晶化したものです。

引用元 : https://www.mitsui-sugar.co.jp/

こうして見ると三温糖、上白糖の材料は、原料糖なので全く同じです。

しかし、前述しましたように三温糖は、上白糖を作った後に残った糖蜜を再加熱して作られています。
なので、上白糖と精製過程も違いますし手間も掛かっています。

また、三温糖と上白糖の製法の違いは、甘みにも繋がっているのです。
そこで、それぞれの砂糖の味の違いも見ていきましょう!

原材料は一緒だけど製造方法が全く違うってことだね!

ちえこ

三温糖と上白糖の味の違いはコク、甘みどれ?

砂糖をショ糖糖度の高い順に並べると

  1. グラニュー糖
  2. 上白糖
  3. 三温糖

となります。

三温糖は、ショ糖糖度が低い代わりに雑味が多いので濃厚な甘さに感じます。
上白糖は、三温糖に比べてショ糖濃度が高いため三温糖よりもすっきりとした甘さです。

そのため、煮物や煮付けなど濃い味付けの時に三温糖を使い、その他の料理に上白糖をと使い分ける方が多いです。

さらに、茶色い色なので上白糖よりもミネラル成分が高くヘルシーと考え率先して三温糖を購入する方もいますね。

しかし、本当にミネラル成分って違うのでしょうか?

三温糖と上白糖のミネラル成分はどのくらい違うの?

・三温糖(100g当たり)
カロリー 383kcal
カリウム 13mg
カルシウム 6g
マグネシウム 2mg
鉄 0.1mg
銅 0.07mg
マンガン 0.01mg

引用元 : https://www.eatsmart.jp/

・上白糖(100g当たり)
カロリー 384kcal
カリウム 2mg
カルシウム 1mg
鉄 0.00mg
銅 0.01mg

引用元 : https://www.eatsmart.jp/

100g中に含まれるミネラル分は、三温糖の方が高いです。
しかし、豊富という程の量ではないので三温糖だけでは十分にミネラルを摂取できません

ミネラル成分とは

ミネラル成分とは、カルシウム,リン,ナトリウム,カリウム,塩素,マグネシウムなどを総称した呼び方です。

スポンサーリンク

三温糖の代用品!砂糖、上白糖、グラニュー糖でもOK?

三温糖の代用に上白糖を使っても味に影響ないの?

こってりとした甘さを出すために三温糖を使っている方も多いですね。
でも、うっかり切らしてしまうこともあります。
そんな時には、上白糖で代用できます。

フライパンに上白糖と水を入れて強火で熱しカラメルにする裏技を使えば、三温糖に近い風味になります。
ちょっぴり面倒と感じた方は、いつもの三温糖の量よりも気持ち多めに使いましょう。

三温糖をグラニュー糖にしてもOKかしら?

お菓子作りでグラニュー糖を使ったけれども余ってしまうこともありますよね。
そんな時は、元は同じ原料なので三温糖の代用品としてグラニュー糖を使えます。
ただし、グラニュー糖は砂糖の中で一番ショ糖糖度が高いのであっさり、すっきりとした味わいです。

なので、グラニュー糖も多めに入れればと考えがちですがキメが細かい分、あまり入れ過ぎてしまうとカロリーも高くなってしまうので注意しましょう!

カラメル色素の含まれていない三温糖を選んで安全な食生活を送ろう!

今回は、三温糖の危険性や上白糖との違いなどについてお話ししました。
安全で健康的な食生活を心がけているの人のために最後にポイントをおさらいしましょう。

1、カラメル色素で着色されている三温糖は、発ガン性リスクを高め危険なので購入する際は原料をチェックしましょう。

 

2、三温糖と上白糖の違いは以下の3つです。
 ・製法回数
 ・ショ糖糖度による甘さや風味
 ・ミネラル含有量

 

3、三温糖の代わりに上白糖やグラニュー糖で代用できますが、味わいが変わります。

ちょっとした違いですが、知っていることで健康的な食生活を送れますし三温糖がない時でも他の砂糖で代用できるので助かりますね。

毎日の生活の細やかなお手伝いができれば幸いです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください