年間30万稼ぐポイ活主婦が伝授!おすすめサイト&貯め方のコツ完全ガイド

酢だこさん太郎の食べ過ぎは体に悪い?塩分やカロリーをチェック!

昔から愛され続けている“酢だこさん太郎”。

子供の頃に、駄菓子屋さんに行けば必ず買っていた記憶があります。

今でも時々スーパーに置いてあれば買って食べています。

駄菓子なので安いし、程よい酸味で食べやすい。

ついつい大人買いしてバクバク食べてしまいます。

でも、たくさん食べて大丈夫なの?

子供の頃には気にならなかったカロリーがとても気になります。

今回は、酢だこさん太郎はたくさん食べても大丈夫なのか?

塩分やカロリー、体への影響についてご紹介します。

スポンサーリンク

 

酢だこさん太郎の食べ過ぎは体に悪い?

酢だこさん太郎って、“酢だこ”というぐらいだからお酢とタコで作られているのかしら?

・・・と思っている人も多いはず。

いっぱい食べても体に悪くなさそうですが、実際はどうなのでしょうか?

まずは酢だこさん太郎の原材料を見ていきましょう。

酢だこさん太郎は何で作られているの?原材料をチェック

魚肉すり身、小麦粉、イカ粉、砂糖、醤油、醸造酢、香辛料、調味料(アミノ酸等)、ソルビット、酸味料、カラメル色素、甘味料(ステビア、甘草)、(原材料の一部に大豆、乳成分、カニを含む)

引用元:https://dagashijiten.com/chinmi/kabayakisantarou.html

「あれ?タコは?」と感じた人も多いはず。

酢だこではなく、“酢だこ風味”なんですね。

さて、体への影響ですが、原材料を見る限りでは悪影響とは言えないようです。

甘味料などは使われているものの、植物由来のものです。

とは言え食べ過ぎはどんな食べ物でも良くはないので1日5枚程度までにしておいた方が良いでしょう。

スポンサーリンク

酢だこさん太郎の塩分はどのくらい?

酢だこさん太郎の栄養値を見ていきましょう。

  • エネルギー・・・16キロカロリー
  • タンパク質・・・0.8グラム
  • 脂質・・・0.1グラム
  • 炭水化物・・・3グラム
  • 塩分・・・0.3グラム

酢だこさん太郎の塩分は、0.3グラムでとても低い値です。

塩分に関して特に心配する必要はないでしょう。

酢だこさん太郎のカロリーや糖質は?

酢だこさん太郎のカロリーは、16キロカロリー

糖質は、炭水化物の3グラム。

あってないようなもの(笑)

ビールのおつまみとして、夜に食べても問題なしです!

スポンサーリンク

酢だこさん太郎だけじゃない!“太郎”シリーズ

ここまで酢だこさん太郎についてご紹介してきました。

しかし、酢だこさん太郎以外にも“〜太郎”という駄菓子がいくつかあります。

■蒲焼さん太郎

■焼肉さん太郎

■焼肉カルビ太郎

■お好み焼きさん太郎

■のし梅さん太郎

■わさびのり太郎

■ビーフジャーキー太郎

■甘イカ太郎(めんたい風味)

■甘イカ太郎(キムチ風味)

■酢だこさん太郎

こんなにたくさんありました!

もしかしたらまだあるかも!?

知らない味もいくつかあります。

是非食べてみたいです。全制覇してみたいですね(笑)

スポンサーリンク

低カロリーの酢だこさん太郎なら、夜に食べても安心

酢だこさん太郎は、魚のすり身に酢だこ風の味付けをしたお菓子だと分かりました。

カロリーは、16キロカロリーでとても低いです。

塩分は0.3グラムしかないので、とても安心です。

駄菓子はついついたくさん食べてしまいますが、酢だこさん太郎なら大丈夫。

ビールにとても合うので、夜のおつまみとしても重宝します。

ダイエット中のおやつとしてもピッタリ!

“〜太郎”シリーズはたくさんあるので、色んな味を試してみるのも楽しいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください